スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みまもり隊 ひがまつ芋煮会ツアー

今回は、みまもり隊で初となる東松島市内での芋煮会でした。いつもは広瀬川の河原でやっていたのですが、今回はいつも支援に行っているよつばファームという農家さんとの交流をしたいということで、よつばファームでの開催が実現しました。ほんとに感謝、感謝です。

 

 まず、芋煮だけでなく東松島のおいしい食べ物をということで牡蠣を仕入れに東名(東松島市の地名です)にある牡蠣処理場に向かいました。自分も牡蠣処理場を見るのは初めてでしたが、日曜日にもかかわらずとても活気がありました。そして、牡蠣処理場の方のご厚意で生ガキを試食させてもらえることになりました。とてもぷりぷりしていて、美味でした。
1383413_488132571294362_2143586476_n.jpg1385409_488132877960998_509197547_n.jpg

次の目的地は、よつばファームです。
よつばファームでは、より多くの人に土に触れてもらおうということで農業体験班と芋煮準備班の2班に分かれて活動しました。さて、農業体験班が作業から帰ったところでいよいよ芋煮開始です。あらかじめ獲っておいた里芋を下ゆでして皮をむき、にんじんと大根は、植わっているのを抜いて皮をむき調理完了です。
まさに、究極の産地直送ですね(笑)
1380803_488133121294307_2095639409_n.jpg599818_488132961294323_1520917388_n.jpg

今回の芋煮、実は海産物も充実してます。そしてご覧いただきたいのは、この身がぎっしり詰まった鮭です。正直、鮭が丸ごと2枚おろしになっている姿は、初めて見たのとともに迫力に圧倒されました。サイズ感は、写真を見ていただければわかると思います。まな板におさまっていませんね。
1384274_488133431294276_67456291_n.jpg487613_488133911294228_1837020600_n.jpg
1381652_488133617960924_840085696_n.jpg
 最後は、皆さんワイワイ盛り上がっていました。
1378840_488133897960896_1219022046_n.jpg
よつばファームの看板の前で一枚。
1393824_488133997960886_875660432_n.jpg

続いて、お腹も満たされたところで向かうは、小野駅前仮設住宅です。小野駅前仮設住宅では、今や人気となって六か月待ちとなったおのくんについて知ってもらうと供に、被災者である武田さんの話を聞いておのくんに込められた思いを理解してもらいました。武田さんのご厚意でいつもは棚にそんなにおのくんが並んでいないのですが、今回は並べてもらいました。多くて選ぶのが大変だったかもしれません。
仮設の玄関でブルーインパルスをバックに一枚。
1377208_488134147960871_527499698_n.jpg1380619_488134247960861_175280915_n.jpg
 
今回のツアーは、地元の方々のご厚意に支えられた形となりました。皆様ありがとうございました。
また参加してくれた方々も本当にありがとうございました。少しでも東松島の魅力が伝わり、東松島に行きたいと思ってくれたら幸いです。

 次回は…  未定ですが、決まり次第facebook等でご連絡したいと思います。

問い合わせ⇒mimamori.311@gmail.com
HP⇒http://mimamori311.wix.com/mimamori

facebookページ名:みまもり隊
twitter⇒mimamori_tai


スポンサーサイト

10月13日活動記録

今回の活動では何と、久々に車で現地に向かいました。車に乗ってみんなでワイワイ現地に向かう、これが本来のみまもり隊のスタイルです。今回はレンタカーを借りて、免許取りたての代表の運転で行きました。

青空が広がっているのに小雨が降る中、出発!仙台駅の上には大きな虹がかかっていました。
1381615510461 (1280x729)
行く途中、PAでぶら~り。

IMG_20131013_073941 (1280x729)IMG_20131013_080000 (1280x729)IMG_20131013_082625 (1280x729)

いつも通り、よつばファームさんのところに到着して作業開始です。着くころにはピカピカの秋晴れでしたが、風が強かったですね。

さて、今回のメインの作業はビニールハウスの外で干していた大量の里芋をビニールハウスの中に入れて干すことでした。
「今日は大仕事になるぞ」と社長さん。
「なるほど、このたくさんの里芋を中に入れるわけですね」
IMG_0818 (1280x960)
※写真では小さい粒粒になっているもの一つ一つが里芋です。

ビニールを敷いて、
IMG_0812 (1280x960)

里芋をねご(一輪車)に乗せて、
IMG_0827 (1280x960)

運んで、ビニールの上に置く。
IMG_0821 (1280x960)

思ったよりも里芋がたくさんあり、この作業は15時までかかりました!
IMG_0818 (1280x960)IMG_0834 (1280x960)IMG_0838 (1280x960)
Before After

ビニールハウスの外にあれだけたくさんあった里芋がすっかりなくなり、やり切った気分です。

この後、ちょっとリハビリ農園という農園の井戸掘りの様子を見に行きました。
IMG_0842 (1280x960)IMG_0844 (1280x960)

井戸掘りというのは難しいもので、ちょっと場所が違っただけでも、水が出たり、出なかったりするものなのですね。

最後に、新しい堆肥作りをしました。
堆肥作りというのは、堆肥となる土の中の悪い雑菌を良い菌の力でやっつけることらしいです。そうすることで、それを使ったとき、作物が病気にかかりにくくなります。

手順はこんな感じです。

そばがらを袋から出して、
IMG_0846 (1280x960)

肥料とふすまと水を加えて、
IMG_0851 (1280x960)

よく混ぜます。
IMG_0849 (1280x960)IMG_0852 (1280x960)


以上です。あとは40日ほど寝かせます。
そばがらは菌が繁殖しやすいらしいです。枕の中身に使われることもありますが・・・。
それから、ふすまは、菌のえさになるそうです。こうして条件が整うと、堆肥の中で菌がどんどん繁殖して、熱を持ちます。60℃~80℃にもなるそうです。良い菌は熱に強く、悪い菌は熱に弱いため、良い菌が堆肥の中に残ります。上手いこと選別されるわけです。
加える肥料によって中の菌が違うため、違う堆肥になるらしく、今回作ったものがどうなるか楽しみです。

今回の活動は、やはりなかなかの大仕事でしたが、達成感がその分大きく感じられました。

続きを読む

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

10月6日活動報告

どんよりした空の下ですが、いつも通り、明るく愉快に始まった今日の活動。場所はいつもお世話になっているよつばファームさんです。

IMG_20131006_110547 (1280x729)

午前中は、主によつばファームの目印となっている(?)けやきの木の下のごみの撤去をしました。
「こんなところにそんなにごみなんてあったっけ?」と思いながら、土の上に出ていたビニールの端を引っ張ると、出るわ出るわ。どんどんビニールが出てきました。

ちゃららららら~♪

と音楽を流したくなるほど、マジックショーのように、ビニールが長くつながって出てきたこともありました(笑)。
けやきの下からは、トタンや薬が入っていそうなビンも出てきました。

そして、これです。人呼んで「焼きビーフン」。土の中から、漁業関係の大きな網が出てきました。
網の掘り起し
この網はかなり大きいうえに、木の根と絡まっていたのでかなり苦戦しました。

みんなで引っ張ってみたり、上に載っていた瓦の破片をどけたりしながら、なんとか午前中に網全体を取り終えることができました。
今回のMVP
焼きビーフン撤去完了です。ちょっとハードでしたが、大きな収穫のあった午前中でした。

午後からは、畑にニンニクを植える作業をしました。なんか難しそう、と思うかもしれませんが、手順はいたって簡単な3ステップです。

その1  棒で畑にニンニクを植えるための穴をあける。
ニンニク、穴あけ
棒には、必要な深さ以上ささらないストッパーがついているので、とても簡単!

その2  ニンニクの大きさ(小さすぎるものはダメ)、腐っていないかを確認。
ニンニク
どうかな?う~ん、おいしそうですね。

その3  ニンニクを穴に入れ、土をかぶせる。
     ニンニクのとがったほうを上に向け、その先端が5センチくらい埋まるように植えつけます。
ニンニク植え
地道にがんばります。

こんな感じです。今回の活動では二畝分、ニンニクを植えることができました。
ニンニク植えの後



最後、帰り際にサトイモの収穫と、取ったイモを一つ一つのイモに分けて干す作業をしました。
サトイモ収穫1

立派に育ったサトイモを抜いて、土の中にイモが残っていないか探します。やはり芋掘りは楽しいですね!
サトイモ収穫2

ちなみにサトイモは、茎や葉が大きく育っているものよりも、そんなに育っていないものの方がたくさんイモがついているそうです。不思議ですね。

ところで、なんで時間がない中、急遽サトイモ堀りをしたのか疑問に思われる方もいるでしょう!
ここで大発表があります!

10月20日(日)に「ひがまつツアー」をします!!

その中で、東松島産の食材を使った芋煮を参加者の皆様に振る舞う予定です。そこで使う芋煮の主役サトイモを今回収穫したというわけです。ツアーの詳細は近日中にフェイスブックのイベントページに上げますので、皆様、乞うご期待です。



活動報告に戻って、今回の活動も充実感たっぷりでした。     以上!






テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

9月28日活動記録

9月28日は、よつばファームで農作業のお手伝いに行ってきました。
まず、目に入るのがこの真っ青な空。そしてたくさんのコスモスが咲いていました。すっかり秋だなと思わせます。
9月28日は、よつばファームで農作業のお手伝いに行ってきました。
まず、目に入るのがこの真っ青な空。そしてたくさんのコスモスが咲いていました。すっかり秋だなと思わせます。
1376560_584249151642740_2084147327_n[1]
1380295_584249218309400_1016574346_n[2]

9月というのは、ちょうど夏&秋野菜を収穫して、冬に向けてまた野菜を育て始める時期なので大忙しです。
まず朝は、皆さんご存知アマゾン(ネットショッピングのやつです)の方たちと一緒に、草刈、堆肥まき、ハウスの掃除、片づけを行いました。
アマゾンからたくさんのボランティアさんが駆けつけてくれたため、あっという間に片付きました。そして午後から玉ねぎを植えました。玉ねぎの種を初めて見たのですが、黒くて小さくてかわいいです。ほんとにこれが玉ねぎになるのだろうかと思うぐらい小さいんです。
そして、皆さんで協力して、畝を作り、種をまいて、マルチをかぶせるという、いつもの作業をやりました。993732_584249244976064_1818169190_n[1]

一番の盛り上がりを見せたのは、ニンニクの皮むきでした。(写真がなくてすみません)一つの房状になっているニンニク(鱗茎)を一つ一つばらしてきます(鱗片にします)。これを植えるそうです。
最後にツアーの紹介文にも書かせてもらった、トマト狩りをして皆さんに楽しんでいただきました。
995517_584249384976050_782130503_n[1]
994598_584249331642722_732317532_n[1]
1381217_584249441642711_471922900_n[1]

参加してくれた方々、そしてアマゾンジャパンの方々ありがとうございました。

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。