スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の経験

こんにちは!東北大学農学部1年佐藤大亮です(^∇^)

自分は、メンバーのカイト、たかひこと一緒に11/6に食と農林漁業大学生アワード2016において東松島地野菜プロジェクトのプレゼンをしてきました٩( ᐛ )و

食と農林漁業大学生アワードとは
全国の食と農林漁業に関する活動を行う活動を行う学生団体が集まり、活動をプレゼンテーションにより発表、他の団体と交流を深めたり、お互いに活動の刺激を得よう!
というイベントです!

自分はアワードを主になって進めるメンバーであったので、沢山の経験をさせていただきました

まずは書類選考
全国から我こそは!という団体が書類を送ります!今回ですと、確か32団体だったかな…?
この第一関門を突破すべく、みまもり隊メンバー一同、汗を流しました
出来上がった原稿案を何度も何度も改定して、違う!こうじゃねえ!こうしたらどうだろう?って議論を重ねました

ここだけの話、徹夜で文章を書いたことも…笑

書類選考の書類は提出期限1分前に提出しましたから、めちゃめちゃギリギリでしたね!
でも、書類が出来上がる直前のみんなの一体感、1つにまとまる感じは最高でした

みんなで集中して一つの良いものを生み出す(^∇^)
この瞬間があるからみまもり隊はやめられないですね笑笑

そんなこんなで書類を提出して、あとはひたすら結果の発表を待ちます

この間、自分は11/5、11/6に一緒にステージに立ってくれる仲間を探しました
メンバーのいろんな人に声をかけましたね
声かけて、声かけて、声かけて…

その中でプレゼンテーションのメンバーが大亮、カイト、たかひこに決定しました
なんと全員1年生!
これは相当練習がいるぜ…
ということで、書類選考の結果発表を待たずにプレゼンテーションの案を練り始めました

しかし、作業は難航します

ラフの案は何度も練り直し
いろんな人からアドバイスをもらうのにそれが反映されない
メンバー同士でも意見の食い違いがあってバラバラになりかける…
この時自分は色んな人の主張や意見の渦の中で溺れそうでした
なんで俺やってるんだろう…?
何回も思いました
でもあるきっかけで状況は一変します

それは東北大学祭の最終日
俺がカイトとたかひこに、このプレゼンでは勝てないから、中心のメンバーで作り直しをする
なんて話をしてしまったんですね
そこで中心メンバーで作り直しをしようとした時、新城さんにある一言をいただきました

自分達で作っていたものを取り上げられて、このままじゃダメだから、別のやつが作るなんて言われたらどうなの?
謝るべきなんじゃないの?と

今こうして文章に書いてみると本当にその通りです笑笑
そんなこともわからないくらいに周りが見えなくなってしまっていたんですね〜
そして、謝りに行きました
たかひこには直接、カイトには時間の関係で電話で
ここで、意識がメンバーみんなでプレゼンを作りあげるという意識に変わりました

ここからは早かったです
時間が一瞬で過ぎ去りました
一人一人のメンバーが、出来るときに、出来る場所で、出来ることをやる
そうすることでとんでもない勢いでプレゼンテーションは仕上がっていきました

効果的に印象を与えるスライドを作るために、メンバーが思考錯誤をしてくれている間
自分達は喋り方の練習に打ち込むことができました
当日のつかみや、ステージ上での動き方などなどなど…
喋り方の練習をする中で様々なことが見えてきました
どんどんアドバイスを吸収していきました

そして出来上がったプレゼンテーション
みんなで作りあげた最高のプレゼンを持って、いざ東京へ向かいます

食と農林漁業大学生アワード2016の日程は2日間に分かれていました

まず1日目
ここでは、農林水産省の一部を借りてリハーサルと懇親会
もっとピリピリしているのかと思いきや、会場の雰囲気はとても良く、
これから1つの賞に向けて競い合う人たちと仲良くなりました笑

全国からアツい想いを持った学生達が集まってきていて
みんな自分達の活動に自信を持っていて
誇りをもってこの会場に来ていました

みんなで1つの良いものを作りあげる喜びを知っている人たちが沢山いました

自分のしたことで、誰かが喜んでくれる
この喜びを知っている人たちが沢山いました
各団体ともこのプレゼンテーションに向けて全力で用意をしてきていて
いろんな苦労話や、楽しかったことを話しました
とっても楽しかった

もっとこの人たちと話していたいと思いました

写真はAGLOCという団体さんと、みまもり隊です

S__9027587.jpg


農林水産省から出た後は、宿で最後のプレゼンテーションの詰めを行いました

この詰めの行程も3人のみでやったのではなく、メンバーと一緒にやったものでした
自分が最後の改定として、ここをこうしたいと言った時に答えてくれて、改定に付き合ってくれる仲間がいました
1つのものへと向かっていく一体感がまたこの場所でも得られました

そして朝となり、食と農林漁業大学生アワード2016の本戦が始まりました
当日には、みまもり隊のOBである平野先輩、東松島地野菜プロジェクトのみまもり隊リーダーのたくみさん、フルーティストの言さんがきてくれて、応援をしてくれました
本当にありがとうございます

S__9027588.jpg


正直にいうと、当日話した内容とかってほとんど覚えてないです
ずっと緊張していたので…笑

でも、ハッキリ覚えていることがあります
それは農林水産大臣賞がどの団体になるか発表があったあとのこと
自分は大臣賞が取れなかったことに、ひどく落ち込んで暗い顔をしていたんです

そんな時に
他の団体の先輩方に言われました

「いやいや、今回のプレゼンはいろんな団体が出ていて、活動内容も十人十色だからさ
たまたま今回の基準では賞はもらえなかったかもしれない
でも俺たちは俺たちの活動がナンバーワンだと思ってるぜ」

「暗い顔すんなって!元気出しなって!」

って


本当にかっこいいって思いました

自分はまだまだ未熟者だって心底思いました
これが賭けてきた時間の重さか
これが賭けてきた思いの強さか
…完敗だ、って思いました

そしてなんとか元気を出して、いろんな団体さんと審査員の方と交流をした後、新幹線で東京を発って、そのまま東松島にいきました

新城さんと武田さんに迎えられ、他のメンバーに迎えられ
泣いてしまいましたね笑
結構泣いたと思います

そして、気持ちを切り替えました
東松島地野菜プロジェクト、どんどん進めていこうって
1年後にまたプレゼンをしにいこう、その時自信を持って言えるものをたくさん持っていこうって
強く思いました

S__9027589.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。