avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の港

おはよございます!
こんにちは!
こんばんは!

今日は東松島の歴史をチェック(^^)



野蒜築港

明治初期に行われた大規模な近代港湾の建設で
明治政府によって東北開発の中心事業として位置づけられていたそうです

しかし土砂の堆積や、台風の影響によって
工事は失敗に終わってしまったそう

この工事には、周辺工事も含めて
約68万3千円(現在の価格で約40-50億円)

というお金をかけた一大プロジェクトで

もしも完成していたら東松島は
神戸や横浜と並ぶ港街となったことでしょう

このことから

「幻の港」とも呼ばれています


東松島にこんな歴史があったのか!
これは勉強になります_φ(・_・

それにしても40億円って!!笑笑
かけてる値段が尋常じゃないですね!

まさに一大プロジェクト!

また東松島の歴史話投稿して行きます(^。^)
次回は、世界一周編…?
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。