FC2ブログ
avatar image

日本で初めて世界一周をした日本人!? (1)

先日の「あなたの夢を聞かせてください」から、歴史投稿が増えております。

さて今日は、日本で初めて世界一周をした日本人のお話。

東松島には日本で初めて世界一周をした日本人が2人います

その名も「儀平衛」と「太十郎」です


edojidai_man.png 


2人は、宮城県石巻湊から船出した千石船「若宮丸」の乗組員でした。


この船は福島県沖で遭難し、はるかアリューシャン列島まで流されたそうです。


当時、日本との貿易を望んでいたロシア政府の意向で、彼ら乗組員はシベリアを横断してサンクトペテルブルグへ


そしてそこから帆船「ナジェージダ号」に乗せられて西回りで世界一周し、日本に帰ってきて世界一周を果たしたそうなのですが、この航海はかなり壮絶なものだったそうです





arashi.png

なにが凄いかと言いますと…


なんと、最初の遭難から


5か月


もの間ずっと海をさまよったようです…


これだけではありません


こうして、アリューシャン列島(当時ロシアの支配下にある島でした)というところに到着した後


儀平衛と太十郎の船の船員達は、ロシアの皇帝に謁見します。

船の船員達は帰国の意思があるか否かを聞かれます


船の船員は15名ほどいたそうですが、このうち帰国を希望したのはわずか4名でした。


他の船員は長旅の途中で死亡してしまったり


ロシア正教に改宗してロシアに残ったりと様々でした


しかし、そんな中でも儀平衛と太十郎は帰国を希望。


再び長い長い航海が始まります。




イギリスに行く途中で当時イギリスと交戦中だったフランス艦隊から誤って砲撃を受けたり



南アメリカ大陸最南端ホーン岬を回るときに猛烈な強風にあって南極近くまで流されたり



マルケサスの島では全身に入れ墨をした住民を見て鬼だと思ったり



…本が書けそうですね( ノД`)


そして、この後3人は・・・・・・・・・・・
次回のブログに続く

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback