FC2ブログ
avatar image

今回は「ブランディング」について学びました

こんにちは! みまもり隊2年の大樹です。

今回は動画でブランドプロデューサーの柴田陽子さんから、ブランディングについて学ばさせていただきました。

こちらの女性です
bijin_main_201502251 (1) (この画像はこちらのブログから引用させていただきました)

ブランディングはお客さんにどう思われているのか、どういう感想を持ってもらうかを戦略的に作る、コントロールしていくことと分かりました。 



企業の方から仕事をお願いされた時は実際に現場にいき、お客さんの立場となって問題点を見つけ、次々と解決策を出す柴田さんの姿はとても学ぶものがありました。そして細かなことにも目を配り、お客さんに満足してもらいたいという想いが伝わってきます。そして、お客さんが惹かれ言葉やネームを作ったり、プレゼントで企業の方を笑顔にさせていたのも印象的でした。

柴田さんは小さい頃から何なりたいか夢が決まっていないと言っていましたが、それでも多くの人をまとめ企業の方からにも頼られているのは、「晴れた道の真ん中を歩く」ということだと動画を見て感じました。王道なことを行うと言っていました。王道なことを行うということは、それだけライバルたちがたくさんいるということにもなります。でも柴田さんは負けずにいるは、しっかりとゴールを見据え、確信をもって追及しているからだと分かりました。

みまもり隊は地野菜プロジェクトを行うことを目指しています。東松島市といえばあの野菜だと言われるようになるためには、お客さんが惹かれる言葉、どうすればキャッチーなネームになるかを考えることが大切です。そのためにもブランディングの力が必要となります。
今回学んだことは

相手の立場になって考えて行動すること

しっかりと目標を立てて追及していくこと

の2つです。

とても大切なことなので活かせるようにし、地野菜プロジェクトが達成できるように頑張りたいです!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback