FC2ブログ
avatar image

12月1日の活動を通じて

こんにちは!

みまもり隊の佐藤です

今日は、活動の始まりにゴミ拾いをしました。

gomihiroi.png 

最近、やることが空回りしてしまったり、やるべきことが思ったようにすすめられなかったりと

ダメなばかりが続いてしまい気持ちも暗くなってしまって
何のための活動なのか?どうしてやるのか?ということが分からなくなってしまいました。

なにか活動の中で、今できることで

東松島の為になることはないかと考えた結果、「ゴミ拾い」をしてみようと思いました。

矢本の遊歩道を掃除してみると、ゴミがたくさん見つかります。思ったよりもたくさんありました。
こうした1つ1つのごみを拾うことは、東松島にとって

大した影響はないのかもしれません。
でも、ゴミを拾うことで、拾った分だけ東松島が綺麗になるなら、東松島にとって少しでもプラスになることができているのではないかと感じました。

また、同時に感じてきたのは焦りです。

地域の方の顔が浮かんできました。

自分何かできたか?
なんかプラスになることやってるか?

焦りを感じつつ、あなたの夢を聞かせてくださいを開始しました。

今日は、iPS細胞研究所主任研究員 堀田秋津さんの動画を拝見しました。

37歳という若さで主任研究員になるのは異例のことだそうで、ノーベル賞を受賞された山中伸弥先生が最も期待を寄せるひとの一人です。




この方の研究は「人の役に立つ」というところにフォーカスされていて

人の役にたつために研究を進めると

やりたいことと、やっていることがしっかりと繋がってまっすぐに進んでいる印象を受けました。

今の自分の状況に当てはめて見ると冒頭部分にもあるように

「どうなりたいのか」
「今していることは、何のためにやっているのか」

が不明確になってしまっていたのではないか?と感じました。

そうして、今の状況を再度整理するとやるべきことが見えてきました。

まずは、地域の方と一緒になって進めさせていただいていること、私たちが担当する部分を持ってスピードアップすること。
もっとペースアップして、あっと驚かせること

これはできないだろうな…ということも乗り越えていくことです。

まずは、こうしたことを実現する為に今の自分たちをもう一度見つめ直すところからスタートしていこうと思います。

よろしくお願いします!



追伸

12月末に
子ども向けの参加型朗読会
「絵本おのくんと話空」をやらせていただく予定です!

従来の朗読会ではなく、子どもにもいろいろなことに挑戦してもらう「参加型」朗読会です。

現在、一緒になってイベントを作り上げる仲間を募集しています!

こどもが好きな方、将来保育に関わる仕事をしたいと考えている方など、一緒に活動してみませんか?

こちらにご連絡いただければ、詳しく説明します!
mimamori.311@gmail.com

応募フォームは
こちら←クリックでフォームにジャンプします!











スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback